自動車技術会

イベントEVENT

開催予定色材セミナー2018 『焼付けない自動車ボディー仕上げの可能性』  

支部協賛行事

概要

 温室効果ガスであるCO2の排出低減は喫緊の課題であり、基幹産業である自動車製造でも取組まれているところであります。しかし、車体塗装では焼付け工程で消費するエネルギーが大きいことから、将来は焼付けなしで自動車を仕上げる技術が望まれます。今回、3名の講師を招いてご講演いただき、聴講者も含めた討論の場になればと考えました。また、セミナー後に講師を囲んでの技術交流会も開きますので、あわせてご参加をお待ちしております。

開催期間

2018年03月16日(金)

会場

会場 名古屋市工業研究所

スケジュール

13:00-16:50

1.塗膜の電子線硬化技術  
株式会社アーテック 取締役 技術部長 畑 宏則 氏

塗膜の電子線硬化技術は、現状では被塗物形状の制約等に課題があるものの、硬化が瞬時で紫外線硬化よりも高速であり、厚膜や顔料を含む系にも適用できるうえ、塗膜は耐久性、耐傷性、耐汚染性、付着性等の屋外用途で重要な性能が非常に優れる。電子線硬化技術のメリット・デメリットを総合的に解説する。

2.自動車外装への新しい提案 ―Wet工法からDry工法へ― 
布施真空株式会社 社長 三浦 高行 氏

3次元表面加飾工法TOMについて解説し、その飛躍的発展として自動車ボディーを含む超大型製品への適用が可能になったNeo-TOM工法を紹介する。この工法は表面加飾の機能・性能の向上とともに作業環境の改善に貢献するCore技術である。

3.焼付けない自動車仕上げへの期待
トヨタ自動車株式会社 先進技術開発カンパニー 有機材料技術部 部長 間瀬 清芝 氏

 弊社では2015年秋に「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表しており、この中で①新車CO2ゼロ②LCAゼロ③工場CO2ゼロ にチャレンジすることを宣言した。現在、工場から排出されるCO2の約1割が塗装工程から発生しており、この工程のエネルギーを画期的に下げる技術を開発し、環境にもお客様にも喜ばれる自動車表面処理を開発したい。

定員

先着順 100名

申込方法

下記の添付ファイルをご覧ください。

参加費

会員・協賛団体  8,000円、 一般 11,000円、 学生 2,000円 (テキスト代、消費税含む)

その他

【添付ファイル】20180316NE-2018色材セミナー会告3.docx

page top