自動車技術会 中部支部
contents
トップページ
組織
行事
学自研
出版
入会申込
アクセス
会員数
表彰
本部ホームページ





2014年度 支部事業活動功労表彰

1.功労のあった個人
受賞者 受賞の理由
木村 隆昭 会員 2005〜2014年度の10年間にわたり、中部支部役員に就任され、支部事業の運営に多大な貢献をされた。2005〜2009年度は見学会担当理事として異業種企業など見学会の拡大を図る企画・運営を、2010〜2011年度は支部報編集担当理事を、2012〜2014年度は技術講習会担当理事として、静岡地区における講習会の企画・運営をされ、会員に対して最新技術動向などの有益な情報の提供にご尽力いただいた。
近藤 和博 会員 1992〜2013年度の22年間にわたり、中部支部役員に就任され、支部事業の運営に多大な貢献をされた。その間継続して支部報編集に携わり、より親しまれる支部報作りにご尽力いただいた。また、1994〜1997年度は自動車技術講習会担当幹事、2004〜2005年度は支部報編集委員長、2006〜2011年度は技術者懇談会担当幹事として技術者懇談会を企画・運営し2012年度に本部第3回技術教育賞を受賞、2012〜2013年度は総務担当幹事として中部支部事業全般に係わり支援・充実に貢献された。
2.功労のあった団体(会員増強)
 トヨタ自動車(株)、スズキ(株)、アイシン・エィ・ダブリュ(株)、ヤマハ発動機(株)、
 (株)豊田自動織機、(株)アドヴィックス、三菱自動車エンジニアリング(株)、
 (株)東海理化、トヨタテクニカルディべロップメント(株)、愛三工業(株)、
 (学)トヨタ名古屋整備学園、愛知工業大学   
2013年度 支部事業活動功労表彰

1.功労のあった個人
受賞者 受賞の理由
渥美 正紀 会員 2002〜2013年度の12年間にわたり、中部支部役員に就任され、支部事業の運営に多大な貢献をされた。2003〜2004年度は地区講習会担当理事として静岡・北陸地区における講習会の企画・運営を、2005〜2007年度は支部報編集担当理事として支部報58号、60号、62号の編集を担当され、より親しまれる支部報作りに多いにご尽力頂いた 。
2.功労のあった団体(会員増強)
  スズキ(株)、三菱自動車工業(株)、アイシン精機(株)、(株)アドヴィックス、
  デンソーテクノ(株)、トヨタテクニカルディベロップメント(株)、矢崎総業(株)、
  フタバ産業(株)、名古屋大学、豊橋技術科学大学、トヨタ名古屋整備学園、
  愛知工業大学、名古屋工業大学
2012年度 支部事業活動功労表彰

1.功労のあった個人
受賞者 受賞の理由
久米川 多賀夫 会員 1998〜2008年度、2010〜2011年度の13年間という長きにわたり、中部支部役員に就任され、支部事業の運営に多大な貢献をされました。特に2004年から6年間は支部担当幹事として自動車技術講習会の企画、運営を担当いただき会員に有益な情報を提供、また2008年度は編集担当幹事として支部報63号の発刊に尽力いただきました。2010〜2011年度は支部長会社事務局専従として中部支部事業全般に係わり支援・充実に貢献されました。
2.功労のあった団体(会員増強)
  アイシン・エィ・ダブリュ(株)、アイシン精機(株)、愛知工業大学、(株)アドヴィックス、
  静岡大学、トヨタ紡織(株)、三菱自動車工業(株)
2011年度 支部事業活動功労表彰

1.功労のあった個人
受賞者 受賞の理由
松澤 武文 会員 1990〜2011年度の22年間にわたり、中部支部役員に就任され、支部事業の運営に多大な貢献をされた。2002から10年間は支部監査役として支部事業全般にわたる監査に携わり、支部事業の活性化と発展に多いに貢献され、現在の監査体制を構築されました。
横森 求 会員 1985年度から25年間という長きにわたり、中部支部役員に就任され、支部事業の運営に多大な貢献をされた。1985〜1995年度は支部常任幹事として学生自動車研究会活動のスタートにあたり体制構築をされるとともに支部報編集活動などに多いに貢献いただいた。1998〜2003年度は支部担当理事として学生自動車研究会活動の活性化、発展に多いに貢献されるとともに、学生フォーミュラ活動の支援活動にご尽力いただきました。
2.功労のあった団体(会員増強)
  トヨタ車体(株)、アイシン精機(株)、アイシン・エィ・ダブリュ(株)、関東自動車工業(株)、
  トヨタ紡織(株)、名古屋大学、(学)トヨタ名古屋整備学園、富山大学
2010年度 支部事業活動功労表彰

1.功労のあった個人
受賞者 受賞の理由
山田 耕作 会員 2002〜2010年度という長き期間にわたり、中部支部役員に就任され、支部事業の運営に多大な貢献をされた。2003・2004年度は支部報編集担当理事として年2刊発刊の基盤づくりに、2005〜2010年度は地区講習会担当理事として各地区に最新技術動向を提供できるよう企画・運営に多いに貢献されました。
2.功労のあった団体(会員増強)
  スズキ(株)、アイシン精機(株)、アイシン・エィ・ダブリュ(株)、トヨタ紡織(株)、
  本田技研工業(株)鈴鹿、大同メタル工業(株)、ジヤトコ(株)、本田技研工業(株)浜松、
  静岡理工科大学、富山大学
2009年度 支部事業活動功労表彰

1.功労のあった個人
受賞者 受賞の理由
佐々木 哲保 会員 2000〜2004年度は中部支部担当理事として技術者懇談会の企画・運営にご尽力いただき、技術者の育成に貢献された。また、2006〜2009年度は支部監査役として支部事業全般にわたる監査に携わり、支部事業の活性化と発展に多いに貢献されました。
藤森 文雄 会員 2002〜2003年度は支部長会社総務担当理事、2004〜2005年度は会計担当理事、2006〜2009年度は中部支部推薦本部担当理事として支部事業の充実・発展に多いに貢献された。また、2007〜2008年度は中堅技術者懇談会の講師として技術者育成に貢献されました。
2.功労のあった団体(会員増強)
  (株)デンソー、スズキ(株)、アイシン精機(株)、アイシン・エィ・ダブリュ(株)、トヨタ紡織(株)、
  関東自動車工業(株)、(株)アドヴィックス、富山大学
2008年度 支部事業活動功労表彰

1.功労のあった個人
受賞者 受賞の理由
田中 康文 会員 1999年より10年間という長きに渡り中部支部常任幹事として支部行事の企画・運営に携わり、支部事業の活性化に多いに貢献された。この間、支部報編集、見学会、技術者懇談会の企画・実施等に多いにご尽力いただいた。
2.功労のあった団体(会員増強)
  スズキ(株)、関東自動車工業(株)、トヨタ紡織(株)、(株)アドヴィックス、
  (学)トヨタ名古屋整備学園、福井工業大学
2007年度 支部事業活動功労表彰

1.功労のあった個人
受賞者 受賞の理由
河合 利夫 会員 1997〜’99年度 技術者懇談会担当理事、2000〜’01年度総務担当理事、2002〜’03年度会計担当理事、2004〜’05年度編集担当理事を歴任され、支部事業の充実に貢献された。特に、総務担当理事時代には会員増強活動に積極的に取り組まれ、大きな成果を上げていただき中部支部組織の強化と活性化に多大なご尽力をいただいた。
石野 洋二郎 会員 1997〜2007年度の11年間にわたり常任幹事を歴任され、学生自動車研究会行事の強化、発展に大きく貢献された。また、1997・1998年度は点火着火燃焼研究委員会・幹事として、1999〜2001年度は燃焼研究委員会・委員長、2002・2003年度は燃焼計測モデリング研究委員会・委員長として担当理事を補佐し、研究委員会活動の充実にご尽力いただいた。
2.功労のあった団体(会員増強)
  (株)デンソー、三菱自動車工業(株)、スズキ(株)、アイシン精機(株)、
  アイシン・エィ・ダブリュ(株)、(株)豊田自動織機、関東自動車工業(株)、トヨタ紡織(株)、
  (株)アドヴィックス、ジヤトコ(株)、豊田合成(株)、TTDC(株)、金沢大学、
  豊橋技術科学大学、デンソーテクノ(株)
2006年度 支部事業活動功労表彰

1.功労のあった個人
受賞者 受賞の理由
大須賀 和男 会員 12年間支部常任幹事として、支部報の編集方法を刷新するとともに、技術者交流会や研究委員会の新設など、常に会員の立場にたった行事企画を推進し、支部事業の充実に大きく貢献された。
また、「全日本 学生フォーミュラ大会」の開催に向けて多大な尽力をするとともに、学生チームの支援活動として各種講習会などを企画・実施し、学生の育成活動に貢献された。
2.功労のあった団体(会員増強)
  三菱自動車工業(株)、スズキ(株)、アイシン・エィ・ダブリュ(株)、ヤマハ発動機(株)、
  アスモ(株)、トヨタ紡織(株)、(株)アドヴィックス、本田技研工業(株)浜松製作所、
  TTDC(株)、金沢大学、大同工業大学、静岡理工科大学、豊橋技術科学大学、岐阜大学

Copyright © Society of Automotive Engineers of Japan, Inc. All Rights Reserved.