自動車技術会

イベントEVENT

開催予定2017年度第3回(創立70周年記念)講演会『零戦と栄発動機』記号【J】

支部行事

テーマ

先人達の技術の足跡を振り返る

概要

全体概要
宮崎駿監督の映画「風立ちぬ」の主人公のモデルとしても知られている零式艦上戦闘機(零戦)設計者堀越二郎は1947年の自動車技術会設立者の一人でもあります。今回は自動車技術会70周年記念イベントとして零戦とそのエンジン「栄発動機」開発に込めた先人達の技術の足跡を振り返りながら航空機と自動車の深い繋がりを見つめ直します。

講演1概要
零戦設計者堀越二郎。航空技術の頂点にいた堀越はなぜ自動車技術会の設立に関わったのか。そこには当時の米国SAEの存在が影響していました。堀越の活動を通して航空機産業と自動車産業の関係を探ります。

講演2概要
2012年夏、倉庫の奥から偶然発見された「栄発動機」の気化器の図面。そこから復元された3Dモデルからは70年以上前の先人達の工夫が浮かび上がってきました。

講演3概要
現代の2輪・4輪エンジン構造とは異なる機構をもった「栄発動機」。星型シリンダー構造や特殊なクランク軸構成といった技術的特長を通して当時の設計思想を紐解きます。

開催期間

2017年10月24日(火)

会場

④早稲田大学西早稲田キャンパス案内図.pdf

スケジュール

13:40~13:45 開会挨拶
13:45~14:25 講演1 テーマ:零戦の堀越二郎氏と自動車技術会
     講 師: 東京大学大学院 工学系研究科航空宇宙工学専攻
           教授 鈴木 真二氏
14:25~14:55 講演2 テーマ:栄発動機用二聯一〇〇降流気化器
     講 師: 株式会社ミクニ 渡辺 仁氏
14:55~15:05 休憩
15:05~16:35 講演3 テーマ:零戦と栄発動機
     講 師: 元本田技研工業株式会社 エンジン設計室 渡辺 信義氏
16:35~16:40 閉会、アンケート記入

定員

50名。申し込み多数の場合は、正会員・学生会員を優先させていただき、定員になり次第締め切らせていただきます。

申込方法

本講演会は申込が定員に達しました。

参加費

正会員:3,000円、学生会員:1,000円、賛助会員:5,000円、一般の方:7,000円
参加費は当日会場でいただきます。領収書を発行いたします。

page top