自動車技術会

イベントEVENT

募集中2018年度第1回講演会『EV充電システムの動向』記号【A】

支部行事

テーマ

-EVを普及させるに必要な最新の超急速充電技術を紹介する-

概要

全体概要
EVを普及させるうえで内燃機関自動車の給油時間並みの超急速充電が望まれている。そこでEVや電動バスに既に実用化されつつある方式と今後の走行中給電において開発中の方式の3つの講演を紹介する。

講演1概要
本格的なEV社会の到来に必要不可欠となる急速充電インフラ、特に公共インフラとして、今後どのように規格が発展していくか、また世界的にどのような要件が求められていくかを予測、説明する。

講演2概要
従前のCHAdeMO(50kW)充電では、電動バスには「急速充電」とは言えず、直流大出力接触式(300kW以上:1周回で消費電力量を5分以内に)超急速充電インフラのニーズが高まっている。先行する欧州の調査から国内市場を展望する。

講演3概要
EV普及の重要課題である航続距離、充電、及び電池過積載を解決するため、走行中のEVに大電力で充電する走行中充電システムの開発を進めている。接触式450kW充電システム(走行中充電EVと給電道路)、実機検証進捗、将来展望等について述べる。

開催期間

2018年04月17日(火)

会場

小野測器(株)本社/ソフトウェア開発センター

https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/company/contents/jigyousho.htm

〒222-8507 神奈川県横浜市港北区新横浜3丁目9番3号

(注:駐車場がありません。お車でのご来場はご遠慮ください。)

受付場所:開催場所と同じ

スケジュール

12:30~12:55  受付
13:00~13:10 開会挨拶
13:10~14:10 講演1 テーマ:CHAdeMO 急速充電の今後の展開
     講師: CHAdeMO協議会 事務局長 吉田 誠氏
14:10~15:10 講演2 テーマ:電動バス普及にはパンタグラフ式超急速充電インフラが必要か
     講師: 住友商事株式会社 電力事業第一部 部長代理 森 一晃氏
15:10~15:25 休憩
15:25~1625 講演3 テーマ:ハイパワー接触式走行中充電EVと給電道路による航続距離無限化について
     講師: 株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター EV開発室
           主任研究員 田島 孝光氏
16:25~16:40 閉会、アンケート記入

定員

100名。
申込み多数の場合は、正会員・学生会員を優先させていただき、定員になり次第締め切らせていただきます。

申込方法

行事ページ下の「>参加申込をする」ボタンをクリックして、お申込みください。

なお、申込完了後に「申込受理メール」が自動配信されますが、申込内容を確認した後、参加証をEメールで送ります。

申込期間

2018-02-01~2018-04-05

参加費

正会員:3,000円、学生会員:1,000円、賛助会員:5,000円、一般の方:7,000円
参加費は当日会場でいただきます。領収書を発行いたします。

参加条件など

撮影・録音、ホームページやブログへの公開、講演中のキーボード操作は禁止させていただきます。
参加者を広報目的で撮影し、ホームページ等で公開する場合があることをご了承ください。なお、写真等の個人情報を、上記以外の目的で使用することはありません。

page top