自動車技術会

イベントEVENT

開催予定日本機械学会東海支部 第139回講習会

支部協賛行事

テーマ

「四力+制御」にもう一度チャレンジし基礎力を高める講習会
 ―目指せ 機械系技術者の土台再構築と設計・開発力アップ―

概要

趣旨: 
現代の設計・開発業務においては、多様な学術領域の知識を組み合わせて駆使する必要があります。
そのため、機械系技術者は1つの専門領域にとらわれず機械工学全般の基礎分野を実用レベルで理解し、
それらを融合させて新しいアイデアを生み出していくことが必要となっています。
そこで技術者の基礎学力を高めることを目的とし、第139 回講習会では、企業において第一線で活躍が
期待される若手の技術者を対象とし、応用を鑑みつつわかりやすく「機械工学の四力学+制御」のうち
材料力学と制御工学を学ぶ講習会を開催いたします。
基礎を学び直すことが、応用力を高め、新しい機械システムを創造する人材育成につながります。
人材育成のコスト削減や設計ミスによるリコールなどの損失防止にも役立つかと思います。
多数のご参加をお待ちしております。

開催期間

2018年12月03日(月)

会場

会場

名古屋大学 ベンチャービジネスホール(VBL)
      ミーテイングルーム(3F),セミナー室(4F)

(名古屋市千種区不老町,地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車,徒歩3分)

(地図)http://ieee-nagoya.org/NUVBLmap.pdf 

申込締切日

2018年10月31日(水)

スケジュール

実施内容: 下記2科目から1 科目を選択
A 材料力学   荒井 政大 (名古屋大学 教授)
 13:30~15:00 応力とひずみ/引張と圧縮
 15:15~16:15 はりの曲げ・はりのたわみ
 16:30~17:30 棒のねじり
 17:45~18:00 総合討論(全受講者と講師による総合的な質疑応答)

B 制御工学   東 俊一 (名古屋大学 教授)
 13:30~15:00 状態空間表現によるシステムの制御
 15:15~16:15 状態フィードバック制御
 16:30~17:30 オブザーバと出力フィードバック制御
 17:45~18:00 総合討論(全受講者と講師による総合的な質疑応答)

定員

60 名(各科目30 名)

申込方法

東海支部HP受付システム(http://www.jsme.or.jp/tk/)からお申し込みください。
(下にリンク有)

参加費

 会員10,000 円,会員外20,000 円(教材費込み)
(学生会員2,000 円,一般学生5,000 円)

参加条件など

対象: 大学の機械系学部で既に四力+制御を学んだことがあるレベル

その他

東海支部HP受付システム:http://www.jsme.or.jp/tk/

【添付ファイル】kikai_No.139.pdf

page top