自動車技術会

イベントEVENT

開催予定日本機械学会東海支部 第142回講習会

支部協賛行事

テーマ

基礎科目に立脚し最新の工学技術を学ぶ講習会
『自動運転の最前線 〜基礎から実例まで〜』

概要

趣旨: 
昨年度までの“「四力+制御」にもう一度チャレンジし基礎力を高める講習会”の開講科目が一巡したことを承け、
新たに“基礎科目に立脚し最新の工学技術を学ぶ講習会”を開始することと致しました。
第1回目は自動運転を取り上げます。
本講習会では、自動運転に必要な技術を新進気鋭の若手講師陣によりわかりやすく解説いただきます。
受講者が機械系の会員であることを念頭に置き、情報処理的なバックグラウンドが十分でない方にも理解可能となるよう、
ご配慮いただけることになっております。これから自動運転の技術開発にかかわりたい方、自動運転ビジネスに参入したい方、
さらには自動運転技術全体を俯瞰したい方にとってまたとない機会となりますので奮ってご参加ください。

開催期間

2019年12月05日(木)

会場

会場

名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー ベンチャーホール(3F)

(名古屋市千種区不老町)

スケジュール

13:30〜13:45 自動運転の概要と本講習会の位置づけ
          鈴木 達也 先生(名古屋大学 工学研究科 機械システム工学専攻)
13:45〜14:45 自己位置推定・高精度地図に関する基礎と最近の動向
          赤井 直紀 先生(名古屋大学 情報学研究科 知能システム学専攻)
14:45〜15:00 休 憩
15:00〜16:00 環境認識に関する基礎と最近の動向
          出口 大輔 先生(名古屋大学 情報連携統括本部 情報戦略室)
16:00〜17:00 計画と制御に関する基礎と最近の動向
          奥田 裕之 先生(名古屋大学 工学研究科 機械システム工学専攻)
17:00〜17:30 フリーディスカッション (30分)

定員

80名

申込方法

東海支部HP受付システム(https://www.jsme.or.jp/tk/)よりお申し込み下さい。

参加費

 会員11,000 円,会員外22,000 円(教材費込み)
(学生会員2,000 円,一般学生5,000 円)

その他

【添付ファイル】kikai_no.142.pdf

page top