自動車技術会

イベントEVENT

終了日本機械学会 関西支部 第364回講習会

支部協賛行事

テーマ

実務者のための流体解析技術の基礎と応用(各種シミュレーション技術の適用事例紹介付き)

概要

製品あるいは要素技術の開発期間の短縮・高精度化が進み,設計現場における流体解析の重要性が増してきています.本講習会では,流体解析の基礎理論,モデル化の考え方,解析結果を設計に生かすための情報抽出技術等を分かり易く説明するとともに,最新の解析手法や適用事例の紹介を通して,実務者に役立つ講習会に拘っています.講習会の後半では,情報科学的アプローチを融合した問題解決手段として注目されているフルードインフォマティクスや,機械学習,大規模な並列計算の活用事例に加え,解の検証,解析の妥当性評価方法にも触れ,2日間で幅広く習得できるように構成しております.これから設計,開発,研究部門などで熱流体,複雑流れに取り組もうとされる若手技術者,研究者の方々はもちろん,既に流体解析に取り組まれている中堅技術者の方々含めたすべての方を対象としておりますので,奮ってご参加ください.

開催期間

2019年11月21日(木) ~2019年11月22日(金)

会場

【会場】

大阪科学技術センター8階 中ホール

[大阪市西区靱本町1-8-4(06)6443-5324/地下鉄四つ橋線「本町」駅下車,28号出口北へ400m

スケジュール

●詳細に関しましては添付ファイルをご覧ください。
第1日目:11月21日(木)
9:25~10:35 流れの数値計算の基礎
10:50~12:40 乱流数値解析の基礎
12:40~13:40 昼食
13:40~15:30 熱流体数値解析の基礎と応用
15:45~17:35 複雑内部流れ場の知的可視化と流動診断

第2日目:11月22日(金)
9:00~10:30 フルードインフォマティクス2.0
10:45~11:45 機械学習を用いた熱流体解析
11:45~12:45 昼食
12:45~13:45 V&Vの基本的な考え方と不確かさ評価事例
13:55~14:55 大規模CFDが拓く新たなものづくり~自動車CAEを例に~
15:05~16:05 OpenFOAM による船舶の大規模解析
16:15~17:15 OpenFOAMによるディーゼルエンジンの燃焼解析

定員

100名

申込方法

下記の添付ファイルをご覧ください。

参加費

〔2日間の参加の場合〕
会員 30,000円(大学,官公庁関係15,000円,学生員4,000円)/会員外50,000円(会員外学生8,000円)
〔1日のみの参加の場合〕
会員 20,000円(大学,官公庁関係10,000円,学生員4,000円)/会員外30,000円(会員外学生8,000円)
※学生は参加日数にかかわらず同一料金です.
※学生員から正員へ資格変更された方は,卒業後3年間,学生員価格で聴講することが可能です.希望される方は申込時に通信欄にてその旨ご連絡下さい.

その他

【添付ファイル】364kyousan kikai.pdf

page top