自動車技術会

イベントEVENT

終了日本機械学会 関西支部 ステップアップ・セミナー2019

支部協賛行事

テーマ

自動車関連技術開発の新展開

概要

我が国の基幹産業である自動車産業を取り巻く環境は大きく変化しています.地球規模の気候変動対策となる環境性能の向上はもとより,「CASE」(Connected,Autonomous,Shared/Service,Electric:コネクティッド,自動運転,シェア/サービス,電動化)等の技術革新の波が到来しており,自動車産業における大変革期が来ています.このような状況の中,2018年4月に経済産業大臣主催の「自動車新時代戦略会議」が設置され,日本の自動車産業が引き続き競争力を維持するための政策を検討されています.
また,オープンイノベーションに取り組む企業が多くなってきましたが,「自動車新時代戦略会議」でもオープンイノベーションの取り組みが盛り込まれています.近年,自動車産業において,新たな産学官連携およびオープンイノベーション体制が構築されています.その取り組みは,自動車産業以外の産業界にとっても非常に興味深いものとなっています.
本セミナーでは,自動車関連技術開発の新展開として,自動車新時代戦略の政策と,最新の技術開発,オープンイノベーション・産学官連携の具体的な取り組みに関する話題提供をして頂きます.技術マネジャー,中堅・若手技術者などの方々はもとより,学生や教員の皆様にも有益な内容となっていますので,多数ご参加くださいますようお願いします.

開催期間

2019年11月29日(金)

会場

【会場】
大阪科学技術センター 8階 中ホール
http://www.ostec.or.jp/data/access.html

大阪市西区靭本町1-8-4, 地下鉄四つ橋線「本町」駅下車,28号出口北へ400m

スケジュール

9:30~9:40 開会挨拶
9:40~10:40 CASEのもたらす将来モビリティ社会に向けた取組の方向性
10:50~11:50 SIP自動運転の取組み状況
13:00~14:00 日産インテリジェントモビリティー ~日産EV戦略を支える車両電動化技術~
14:10~15:10 産産学学連携による協調領域研究の創出と推進 ―自動車用エンジン研究での取組み ―
15:20~16:20 自動車用動力伝達技術における産学連携の取り組み
16:20~16:30 閉会挨拶

定員

100名

申込方法

下記の添付ファイルをご覧ください。

参加費

会員 無料 / 協賛学協会個人会員 5,000円 / 会員外 20,000円(学生 4,000円)

その他

【添付ファイル】2019kyousan stepup.pdf

page top