自動車技術会
  • トップページ
  • イベント
  • 2018年度 第5回 講演会 『SIP革新的燃焼技術 研究開発プロジェクトへの期待と取組み』 記号【 M 】

イベントEVENT

終了2018年度 第5回 講演会 『SIP革新的燃焼技術 研究開発プロジェクトへの期待と取組み』 記号【 M 】

支部行事

テーマ

産学官連携プロジェクトとしての期待と成果の報告、及び設備見学

概要

【全体概要】
SIP革新的燃焼技術は産学官連携のプロジェクトとして期待を集めてスタートし、今年度は最終年度を迎えています。ここで改めて本プロジェクトについて産学両面から期待と取組み状況についてご紹介いただきます。また見学会を実施し、最新の研究開発設備をご紹介いたします。
【講演1概要】
自動運転やCO2大幅削減等、自動車産業は多岐にわたる領域で飛躍的な機能向上を求められています。熱効率50%を目指すSIP革新燃焼技術は、内燃機関がCO2低減に大きく貢献できることを示すだけでなく、効率的に革新技術を生み出すための産学官連携強化やモデルベース開発の基盤作り、さらには人材育成も期待されます。AICEは、本プロジェクトを強力に支援すると共にその資産を継承・発展させていきます。
【講演2概要】
SIエンジンの正味熱効率50%を目標に、慶應大学が日本全国の22大学(29クラスター)と共に「高効率ガソリンエンジンのためのスーパーリーンバーン研究」を推進。高タンブル流動とスーパー点火装置を導入して Broken Reaction Zone という革新的燃焼領域を目指しました。徹底した希薄化により低温燃焼を実現して、エンジンの冷却損失を大幅に削減した同チームの研究開発の取組とその成果をご紹介いたします。
【見学概要】
(株)小野測器の実験設備(音響棟など)と「SIPエンジンラボラトリ」の見学を行い、最新の研究開発設備をご紹介いたします。

開催期間

2018年09月26日(水)

会場

開催場所:(株)小野野測器 横浜テクニカルセンター

〒226-8507 神奈川県横浜市緑区白山1丁目16番1号
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/company/contents/jigyousho.htm#tc
(注:駐車場がありません。お車での来場はご遠慮ください。)

受付場所:開催場所と同じ(7階 講演室前)

スケジュール

12:45~13:15 受付時間
13:15~13:20 開会挨拶
13:20~14:20 講演1 テーマ: SIP革新燃焼技術に対する産からの期待
        講 師:自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)燃焼研究委員会 委員長
        山本 博之 氏(マツダ(株) 技術研究所 技監)
14:20~15:20 講演2 テーマ: SIP革新的燃焼技術 ガソリン燃焼チームの研究開発の取組とその成果
        講 師: SIP革新的燃焼技術 ガソリン燃焼チーム チームリーダ
        飯田 訓正 氏(慶應義塾大学大学院 理工学研究科 特任教授)
15:20~15:30 休憩
15:30~16:55 実験設備見学 (3グループに別れて見学)
        ・SIPエンジンラボラトリ ・小野測器 設備(音響棟など)
        終了後に全体質疑応答
16:55~17:00 閉会、アンケート記入

定員

60名 申し込み多数の場合は、正会員・学生会員を優先し、抽選とさせていただきます。抽選結果は9月19日(水)迄にお知らせします。

申込方法

関東支部ホームページの「イベント」のタブから募集中の行事を選択し、行事ページ下の「>参加申込をする」ボタンをクリックして、お申込みください。
http://www.jsae.net/kanto/event/?category_seminar=003001&search=
なお、申込完了後に「申込受理メール」が自動配信されると共に、抽選後、当選者には参加証をEメールで送ります。

申込期間

2018-08-01~2018-09-14

参加費

正会員:3,000円、学生会員:1,000円、賛助会員:5,000円、一般の方:7,000円
(参加費は当日会場でいただきます。領収書を発行いたします。尚、本参加費は自動車技術会の事務運営費用です。見学先様へ支払うものではありません。)

参加条件など

撮影・録音、ホームページやブログへの公開、講演中のキーボード操作は禁止させていただきます。
参加者を広報目的で撮影し、ホームページ等で公開する場合があることをご了承ください。
なお、写真等の個人情報を、上記以外の目的で使用することはありません。

その他

page top