自動車技術会
  • トップページ
  • イベント
  • 【開催中止】2020年度 第2回 見学会 『 (公財)鉄道総合技術研究所の見学会 』記号【G】

イベントEVENT

終了【開催中止】2020年度 第2回 見学会 『 (公財)鉄道総合技術研究所の見学会 』記号【G】

支部行事

テーマ

- 鉄道実験施設の見学 -

概要

*本見学会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、来場されるお客様の飛沫感染防止を第一に考えた結果、開催中止を決定させていただきます。

【見学の概要】
鉄道総合技術研究所は、1987年にJR各社発足と同時に財団法人として本格的な事業活動を開始しました。
「革新的な技術を創出し、鉄道の発展と豊かな社会の実現に貢献」している、鉄道総合技術研究所国立研究所の実験施設を見学頂きます。

【講演の概要】
鉄道総合技術研究所では、車載機器の異常を早期に検知して営業走行中の故障を未然に防ぐことを目指し、振動分析と機械学習を用いた異常検知システムの研究開発を行っています。
講演では、異常検知の考え方とその応用方法について紹介頂きます。

開催期間

2020年06月12日(金)

会場

公益財団法人 鉄道総合技術研究所 (JR国立駅徒歩7分)

185-8540  東京都国分寺市光町2-8-38

受付場所:JR中央線 国立駅 北口 ロータリー

(関東支部事務局がJSAE旗を持ってご案内致します。

鉄道総研へは集団で移動・入場致します。個別入場は出来ません。)

※駐車場がありませんので、お車、バイクでのご来場はご遠慮ください。

スケジュール

13:00~13:15 受付時間
13:15~13:50 鉄道総研へ移動・手続き
13:50~14:15 開会挨拶、鉄道総研概要説明・紹介ビデオ視聴
14:20~16:00 見学実験施設:
        高速集電試験装置、大型降雨実験棟、高速車両試験台、大型振動実験棟、
        駅シミュレーター、キハ30気動車
        ※「当日の都合により見学出来ない施設が生じる場合があります」
16:05~16:45 講演 テーマ:「振動による車載機器の異常検知について」
        講 師:公益財団法人 鉄道総合技術研究所 
        車両制御技術研究部 動力システム研究室 室長 近藤稔氏
16:45~17:00 総合質疑・アンケート記載
17:00    閉会   鉄道総研 守衛所まで移動し、解散

定員

40名。申込み多数の場合は、正会員・学生会員を優先し、抽選とさせていただきます。
*安全の観点から動きやすい服装・靴でお越し下さい。

申込方法

関東支部ホームページの「イベント」のタブから募集中の行事を選択し、行事ページ下の
「>参加申込をする」ボタンをクリックして、お申込みください。
http://www.jsae.net/kanto/event/?category_seminar=003001&search=
なお、申込完了後に「申込受理メール」が自動配信されますが、抽選後、当選者に参加証を
Eメールで送ります。
会員番号を借用しての申し込みは認められません。また、申し込み本人以外の方の参加は認められませんので、ご了承ください。

参加費

正会員:1,000円、学生会員:無料、賛助会員:2,000円、一般の方:4,000円(参加費は当日会場で戴きます。領収書を発行いたします。尚、本参加費は自動車技術会の事務運営費用です。見学先様へ支払うものではありません。)

参加条件など

同業者の参加 :可(名簿を受入先にて確認)

撮影・録音、ホームページやブログへの公開、講演中のキーボード操作は禁止させていただきます。参加者を広報目的で撮影し、ホームページ等で公開する場合があることをご了承ください。なお、写真等の個人情報を、上記以外の目的で使用することはありません。

その他

*新型コロナウィルスの感染が収束していない場合は、イベントを中止または延期する可能性があります。

page top