自動車技術会

イベントEVENT

終了2021年度 第7回 講演会『 次世代モビリティの社会実装 』記号【 Q 】

支部行事

テーマ

ー 群馬大学 次世代モビリティ社会実装研究センターの取組み ー

概要

【全体概要】
群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センターは次世代の移動手段を研究するセンターであり、それを用いた社会実験を通して新しい交通システムの実証と社会への普及を目指します。自動運転とスローモビリティを活動の中心としており、自動運転はレベル4(完全自動運転)に関する研究開発において国内トップレベルの研究実績を有しています。今回は自動運転最新技術動向&スローモビリティの講演会と研究施設を見学いただきます。

【講演1概要】
群馬大学で進めている自動車の自動運転の社会実験に関する取り組みを紹介いたします。特に、群馬大学で考える自動運転の社会実装アプローチと、そのアプローチに基づく実証実験の紹介、今後の取り組みについて説明します。

【講演2概要】
スローモビリティの一つである低速電動バスの開発の経緯と、そのバスを用いた様々な社会実験や地域課題の解決に向けた取り組みについて紹介します。特に、地域課題の一つである高齢地域における外出支援のための導入と、それによって得られる様々な効果について説明します。

【施設見学】
当施設は2017年に竣工し総合研究棟と約6000平方メートルの専用試験路で構成されています。車両整備開発室、管制・遠隔操縦室等の内部や一人乗りの小型車両、トラック、電動バス等自動運転に対応した多種多様な車両を併せて紹介いたします。

開催期間

2022年03月25日(金)

会場

群馬大学 研究・産学連携推進機構 次世代モビリティ 社会実装研究センター

371-8510 群馬県前橋市荒牧町4-2

受付場所:

 前橋駅南口 バス発車時刻 12:40

 歩行が不自由な方は、お車での来場が可能です。

 その際は、群馬大学 研究・産学連携推進機構 次世代モビリティ社会実装研究センターに13:00~13:15の間にお越しください。

スケジュール

13:30~13:40 開会挨拶
13:40~13:50 次世代モビリティ 社会実装研究センターのご紹介
        講 師: 副センター長 准教授 小木津 武樹 氏
13:50~14:25 講演1 テーマ: 自動車の自動運転に関する社会実装研究の取り組み
        講 師: 副センター長 准教授 小木津 武樹 氏
14:25~15:00 講演2 テーマ: 低速電動バスの開発と社会実装研究の取り組み
        講 師: 副センター長 教授 天谷 賢児 氏
15:00~15:15 休憩
15:15~16:15 施設見学
16:15~16:30 総合質疑、閉会、アンケート記入
16:30~    バス乗車、前橋駅までお送りし解散

定員

25名。申し込み多数の場合は、正会員・学生会員を優先させていただき、定員になり次第締め切らせていただきます。
・歩行が不自由な方(車いす, 松葉杖の使用)で、お車での来場を希望される場合は、お申し込みの際、備考欄に「駐車場の利用希望」とご記入ください。ご不明な点はメールまたは電話にてお問合せください。

申込方法

応募者多数となりましたので、申し込みを締め切らせていただきます。

参加費

正会員:4,000円、学生会員:2,000円、賛助会員:6,000円、一般の方:8,000円
(参加費は当日会場でいただきます。領収書を発行いたします。尚、本参加費は自動車技術会の事務運営費用です。講演先様への支払うものではありません。)

参加条件など

撮影・録音、ホームページやブログへの公開、講演中のキーボード操作は禁止させていただきます。
参加者を広報目的で撮影し、ホームページ等で公開する場合があることをご了承ください。
なお、写真等の個人情報を、上記以外の目的で使用することはありません。

その他

現地では新型コロナウイルス感染防止対策を徹底いたします。参加される皆様にもご協力をお願いいたします。

■講演資料を公開いたします。 公開期日:2022年4月3日(日)

Next-generation mobility No1.pdf       Next-generation mobility No2.pdf

PWは、参加者にメールでお知らせいたします。

page top