自動車技術会

イベントEVENT

終了2022年度 第1回 講習会『 基礎から分かるモード解析 』 記号【 J 】

支部行事

テーマ

- 振動の入門講座:初心者を対象とする講義と最新の実験解析システム実習を対面とオンデマンドで提供 -

概要

【全体概要】
 本講座では,振動解析の基礎知識とモード解析の基本技術を極めて分かり易く講義する。続いて最新のFFT/実験モード解析システムを用いて、座学で学んだ知識を実習・習得する。
 オンデマンドにおいては実習映像を通して学ぶ。
【講習1概要】
 1.《振動の基礎》
  固有振動数、固有モード、共振、位相、モード解析の意味、周波数応答関数などのいろはを分かり易い講義によって学ぶ。
【講習2概要】
 2.《信号処理と振動試験の方法と技術》
  振動の実験解析に用いる信号処理の方法、発生しやすい実験誤差の内容と対策方法、振動試験のノウハウと成功への要点などを学ぶ。
【講習3概要】
 3.《振動問題の予測と対策への指針》
  CAE(有限要素法による構造解析や実験モード解析など)を活用して、振動現象を設計初期に予測する手法や、試作時に発生する振動問題への適切な対処方法を見出すためのポイントと
  対策の指針を学ぶ。
【講習4概要】
 4.《振動・音響計測のモード解析システム実習》
  最新の実験モード解析システムを使い、企業現場において振動・音響の解析と実験に携わってきた実務エキスパートの指導を受けながら、実験モード解析と信号処理の技術を習得し、
  講義内容を実習する。

開催期間

2022年09月29日(木) ~2022年09月30日(金)

会場

対面 : リオン株式会社

185-8533 東京都国分寺市東元町3-20-41

受付時間:9:30955

※お車での来場はご遠慮ください。

https://www.rion.co.jp/corporate/map.html

オンデマンド : 後日オンデマンド配信用URLをお知らせいたします。

         配信予定日時:20221026日(水) 9:00 ~ 1122日(火) 17:00

スケジュール

■1日目(9月29日)
10:00~12:30 振動の基礎Ⅰ:1自由度系
        講師:法政大学 理工学部 機械工学科 教授 御法川学氏
12:30~13:30 昼食(弁当を準備します) -音響科学博物館 見学-
13:30~16:00 振動の基礎Ⅱ:多自由度系
        講師:キャテック(株) 技術部マネージャー 西留千晶氏
16:00~17:00 信号処理と振動試験の方法と技術
        講師:キャテック(株) 技術部マネージャー 西留千晶氏

■2日目(9月30日)
10:00~12:00 振動問題の予測と対策への指針
        講師:キャテック(株) 技術部マネージャー 西留千晶氏
12:00~13:00 昼食(弁当を準備します) -音響科学博物館 見学-
13:00~14:00 振動・音響計測システムの概要
        講師:キャテック(株) 技術部マネージャー 天津成美氏
14:00~17:00 振動・音響計測のモード解析システム実習
17:00    閉会、アンケート記入

定員

対面:20名、 オンデマンド:60名 (対面での参加者はオンデマンドにも参加できます。)
申し込み多数の場合は、正会員・学生会員を優先させていただき、定員になり次第締め切らせていただきます。

申込方法

本ページ下の「>参加申込をする」ボタンをクリックして、お申込みください。
https://www.jsae.net/kanto/event/?category_seminar=003001&search=
なお、申込完了後に「申込受理メール」が自動配信されますが、参加可否確認した後、参加証をEメールで送ります。

申込期間

2022-07-28~2022-09-16

参加費

対面参加の場合:
正会員:16,000円、学生会員:9,000円、賛助会員:25,000円、一般の方:30,000円。(教材費(4,400円)、補助テキスト代(2,000円)、昼食代(2日分)を含みます。参加費は、当日会場で戴きます。領収書を発行します。)
オンデマンド参加の場合:
正会員:8,000円、学生会員:3,000円、賛助会員:15,000円、一般の方:20,000円。(補助テキスト代(2,000円)を含みます。参加費は、銀行振り込みとなります。振込み人名義が個人名でない場合は、振込み人名義を関東支部までおしらせください。)教材は各自でご購入下さい。

参加条件など

【注意事項】
■対面参加会場において
 撮影・録音、ホームページやブログへの公開、講演中のキーボード操作は禁止させていただきます。
 参加者を広報目的で撮影し、ホームページ等で公開する場合があることをご了承ください。
 なお、写真等の個人情報を、上記以外の目的で使用することはありません。
 オンデマンド用撮影を同時に行いますのでご了承ください。

■オンデマンド参加において
 *本イベントを視聴できるのは、お申込みいただいた方のみとなります。
 *他の方への視聴URLの転送/転記は、お控えください。
 *視聴にあたり、視聴用アプリのダウンロードは不要です。
 *配信動画ファイルの提供は行っておりません。
 *本イベントの録画・録音・撮影・スクリーンショットについては、固くお断りいたします。
 *ご利用環境の不具合により視聴が出来ない場合、責任は負いかねます。
 *各イベントの開催時間は予告なく変更になる可能性がございます。最新情報は自動車技術会関東支部
  ホームページにてご確認ください。
 *質問については、別メールアドレスをお知らせしますので、そちらへ送付してください。ただし1人5件
  までと致します。

その他

教材:「実用モード解析入門」 長松昌男、長松昭男共著(コロナ社)

振動の理論と技術が基礎から応用まで分かり易く解説してあり、企業現場において標準的に用いられている教科書です。

(注)本講習は自動車エンジニアレベル認定のための継続能力開発ポイントの対象となります。

継続能力開発ポイントの詳細は下記をご参照ください。

https://tech.jsae.or.jp/rireki/menu.html

会員の皆様の継続能力開発CPDポイント(Continuing Professional Development)は会員マイページ

でご覧いただけます。

https://member.jsae.info/main/login.aspx

実習では2人に1台の機材を用意します。コロナ感染対策として手袋等を準備する予定です。

音響科学博物館(小林理学研究所内)では、他では見られない歴史的価値のある音響測定器等、貴重な品々を、説明付で見学できます。コロナ感染対策として、1日あたり10名の見学とします。参加希望は現地にて当日確認致します。

page top